2018年9月19日水曜日

腹八分目が心地よいと思えていますか?

効果的なダイエット方法を模索している。
定期的にダイエットが必要になる。
そんな方は、今日の記事をじっくり読んで頂ければ、
永遠に「ダイエット」とおさらば出来るベースが出来上がります。

また、
ダイエットは特に必要としたことがない、という方でも、

ついお腹いっぱい食べちゃう方
規則だたしくご飯を食べている方

にも是非読んでみて頂きたいです。

ダイエットしなきゃ。ってどういう時に思うでしょう?

体重計に乗った時。

身体のどこかにお肉がついてきた事を発見した時。でしょうか。

そういう時、単純に「食べなきゃ痩せる」と思うかもしれません。

でも、「食べたい」と思う気持ちを無視して
「食べてはいけない」と急に食べるのをやめたら、
心にも身体にもとてもストレスがかかります。

加減が分からずにやみくもにやり、
体重や身体についているお肉が減ることだけを気にしていたら
身体を壊してしまう等、時には危険も伴いかねません。

そんなストレスやリスクを伴わずに、
自然と食べる量が落ち着いたら、最高だと思いませんか?

不自然なダイエット無しに理想的な体型にする。

そりゃそうに決まってるけど無理だから無理やりやるしかないんだよ。
と思うかもしれませんが、落ち着いて、考えてみてからでも遅くはありません。

自然とダイエットになっちゃった、という理想的な状態にするためには、
まず、「食べる事」について
自分の中での位置づけを再確認することが大事です。

生き物というのは、人間も含め、本来は

飢えている

この状態が自然に近い、通常モードなのです。

今の私たちは、
「お腹が空いていない時間」
が一日の大半を占めています。

時には、お腹が空いていないのに、時間が来たから食べる。
なんてこともしますよね。

例えば、
自然の中で生きているライオンやチーター。

彼らは、お腹がすいてから、
ようやく狩りに出ます。

そして獲物を捕らえて、食べる。

適量を食べたら、例えまだ食べられるお肉が余っていても、
決して食べません。

お腹がすくまで、じーっと横たわっていたり、
ぶらぶら歩いたり、のんびり過ごしています。

「次いつ食べられるかわからないから、もうちょっと食べておかなきゃ」
とか
「次の食事の分を、天日干しにして備蓄しよう」
とか

ないわけですよね(笑)

必然的に、

いつも飢えている

という状態になるわけです。

そして、
「いつも飢えている」
に慣れてくると、
腹八分目が心地よくなるのです。

逆に、お腹いっぱい食べると不幸せな気持ちになります(笑)

なぜ食べ過ぎるようになったのか?

「食べる」という行為は、
心の状態とも密接に繋がっています。

何を食べるかで、腸内環境が変わる

という事もありますが、ここではそれは置いといて。

日常生活で何かに対して、

満たされていない気持ちがあると

それを穴埋めするために食べ物で満たそうとします。

人によっては、食べ物以外のもので
満たそうとするかもしれません。

これは私の体感で最近気づいたことですが、
「お腹が空いたなぁ」は2種類あるということ。

本当に身体が機能を保つために欲している本当の空腹状態



何かが原因で心が「長期的に」ソワソワしているときに、
それをいつもご飯を食べているリズムの時間が近付いたタイミングで
「お腹が空いている(にちがいない)」というカンチガイがおこる

ということです。

カンチガイなんです(笑)

自分の心の状態をさほど気にせず生きてきた場合は、
いきなりこの違いをはっきり認識するのは難しいかもしれません。

心の状態を認識する習慣をつければいいのです。
簡単にいうなって?(笑)

「空腹」をきちんと知ること。

これは、ダイエットよりはるかに重要な、
さらに言うなれば、生存するために
忘れてはならない感覚とも言えるのです。

無性にチョコが食べたい!!は心のサイン


とかなることありません?

なんか、急にポテトチップスたべたい!!とか(笑)

そういう時の自分がどういう状況でどういう心になっているかを
都度、気にするようにしてみて下さい。

特に、定期的にダイエットしている人!
コンプリートもしないまま、何となくダイエット期間フェイドアウトしちゃってる人!(笑)

絶対こっちのやり方にした方がめっちゃ楽なので、
ぜひトライしてみて下さい。

最初は、ただ気にするだけです。

そうすると、だんだんパターンが見えてきて、
本当の空腹が分かるようになります。

さっきのチョコ食べたい!の例で、私の場合は、
・疲れていて甘えんぼモード

そんな時に一番無性に食べたくなってました。

要は、「空腹じゃないのに何かを口に入れないと気が済まない」という状態ですね。

自然界の動物では絶対ありえないことです。

本当に「美味しい!」と感じながら食べているか


もう一つ大事なことは、
「ちゃんと五感をつかって食べているか」という事です。

目・耳・鼻・触覚・口全てを使って豊かな食事ができるのは人間だけです。

キレイな器に盛りつけて楽しむ。

素材の色や見た目を楽しむ。

どんな香りがするのか。

かじった時の音。フォークに刺したときの音や感触。

口の中でどんな味わい?どんな食感?噛んでいくとどんな変化?

できるだけしっかり味わう事です。
こういったことを楽しむようになると、
「お腹いっぱいになればいいや」という選び方も
しなくなります。

何を食べるのか、選ぶ時の楽しみも増えていきます。

そして食べる時は、テレビやスマホ等、
食べる時に他のものに気を取られていると、
満足感が薄れてしまい、
結果的にお腹いっぱい食べてしまうことにも繋がります。

腹八分目が心地よい状態は最高です


私も最近つかみました。この感覚。最高です。

常に

うっすら空腹 (笑)

自然界のライオンやチーターの気分です(≧◇≦)ガオー

超お腹減らしながら、料理するとめっちゃワクワクします。
いただきます!に力が入ります。

食べたら・・・激うまです(笑)

そして、空腹状態がずっと続いていると、

本当に腹8分目で、箸が止まります。

おやつも欲しなくなりました。

身体が軽くて、いつも頭がスッキリしています。


お腹いっぱい食べて

おやつも食べていた時期と比べると、
別人になったかのようです。

もしダイエットが必要…と
しょっちゅう感じている場合は、
いきなりここまでは
たどり着けないかもしれませんが、

必ず「ダイエット?なにそれ?」(*´Д`)
という所までたどり着けます。


まとめ

色々書いてきましたが、
食べ物が溢れるほどあって
「飢え」を知らない現代人が

「空腹」を
しっかりと日常に取り戻せば、

「ダイエット」という言葉はなくなるのです。

まずは、下記の事をしていないかどうか、
その頻度はどれぐらいか、チェックしてみましょう。

・時間になったら空腹かどうかは関係なく、食べる

・いつも食べる時間にご飯を食べそびれたとき、
 空腹かを確認せずに「何か食べなきゃ」と
 「とりあえず」食べる

・お腹が膨れれば何でもOKと適当に選んだものを食べる

・テレビやスマホをいじりながら食べる

最近、とあるところで、
血液を特殊な顕微鏡で見せてもらいました。
いつも時間を見て食事をしている人の
赤血球は、なんと傷ついていました・・・!

空腹を感じた時に食べる、って大事なことだと
目で確かめることが出来るなんてびっくりでした。


心と身体を健やかにキープしながら
最高のパフォーマンスだけで生きるための
実践力がつく3カ月のプログラムを提供しています。

ダイエット目的からでもOK。

オーガニックが気になる方でもOK。

つまり食において基本的に大事なことはたった一つなのです。

エシカルライフ入門講座

その他近日開催の講座
9/23 9/30 自分の目で見て確かめる食品添加物講座 @駒込
9/25 究極の味噌づくり教室 @西麻布